FC2ブログ
こんにちは^^朝から冷たい雨が降り注いでいるここ鹿嶋地方です。
明日は娘の初めての遠足なので晴れてほしいのですが、どうなる事やら・・・

さて、「笑いが体を救う!?」ということですが、笑いが体に良いというのは、ちらほらテレビやラジオなどでもやっていますので知ってる方も多いと思います。しかし「良いとはいうけれど本当なの!?」「ただの噂なんじゃ!?」「科学低根拠は!?」という意見があるのも確かです。

そこで今回は、笑いがなぜ体にいいのかを書いていきたいと思います。

まず一番目として考えられるのが、血流がよくなるという点です。
人間は笑うと副交感神経優位となります。交感神経は主に筋肉を収縮させ、闘争状態となる為に血管も収縮してしまうので血流が著しく悪化するのに対し、副交感神経優位となると、筋肉の緊張は取れ、それに伴って血管の状態も通常の状態となるので血流がスムーズにいくようになります。
血流がスムーズになるという事は、体の隅々まで栄養を届けたり、不純物を回収したりがスムーズに出来るようになったり、水分、脂肪代謝もよくなるので健康を保っていく上でとても重要なのです。肝臓、腎臓の働きにも密接に関わっています。

二つ目として免疫細胞の活性化があります。
ある実験で、喜劇を観る前とその後でのNK細胞の活性を調べたところ、その数値がガン免疫治療に使われる薬よりも良い数値を示したというデータもあるほどです。笑うという行為は前頭葉が活発になり、その情報が間脳に伝達され、それによって善玉ペプチドが分泌されます。善玉ペプチドはNK細胞を活性化させます。

三つ目として神経伝達物質の放出、伝達がよくなる。
笑うという行為は、脳内伝達物質の中のやる気や落ち着きを増す働きのある物質の放出を良くします。やる気や落ち着きが出てくると脳が十二分にその機能を果たせるようになります。

四つ目として胃腸の状態がよくなります。
笑うという行為は副交感神経優位となります。胃腸は副交感神経優位な時にその能力を十分発揮出来る臓器なので、笑う事によって副交感神経優位となると、胃腸の働きもよくなりますので、栄養の分解吸収力がよくなり健康を保つ上でとても重要な事となります。

おまけとして、体を温めるという効果があります。
笑ってるとホカホカとしてきますよね? 体が温まるという事は血流、代謝がとてもよくなります。更に病原菌の繁殖なども抑えてくれますので、健康を保っていくうえでとても重要なのです。



以上ですが、ともも簡単に笑いが体に良い理由についてまとめてみました。


先ほどもお客様にお話したのですが、夜になるとお笑い番組がやっていますよね。自分も好きでよく見ています。
これは男性の方に多いのですが、お笑い番組なんてばかばかしくて見ていられないという方がいます。

そう考えてみれば、どのお笑い番組も薄っぺらい感じがしてばかばかしく見えてしまいます。しかし、そういう番組を見る時は自分もバカになってみては如何でしょうか! 自分もバカになって一緒になって笑ってみれば、その笑いの力を利用して一日の疲れをいやす事が出来、更に健康にも役立つのです。

お笑い番組は実はとても計算されて製作されており、どうすれば笑ってもらえるか緻密に計算されて作られています。薄っぺらくみえるのは、わざと重くならないように誰でも入り込めるように作られているのです。

お風呂に入って、ご飯食べて、一笑いすれば後はゆっくり眠るだけです。笑うとリラックスして眠りにつきやすくなり、まさに一石三鳥ですね^^





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ