FC2ブログ
こんにちは^^気持ちのいい秋晴れとなっているここ鹿嶋地方です。 いや~本当に秋晴れって気持ちいいですね! 清々しいという言葉がピッタリな一日です。

さて、「夜間になると胃がきりきりと痛む方」ということですが、このような訴えでご来店なさる方が増えています。

昼間食事の前後は全く違和感はないのですが、夜になって横になると胃がきりきりと痛みだすといいます。
各種医療機関にて診察を受けている方が多く、病院などでは特に問題はないといわれているようです。

漢方でその痛みの原因を考えますと、まず夜間だけというのが気になります。
体の中で炎症を抑えるホルモンとして「ステロイドホルモン」がありますが、このホルモン、朝にその分泌がピークとなり、その後徐々に減少し、夜間寝る時にはほぼその分泌は止まってしまいます。

ステロイドホルモンは、その他炎症を止める役割以外に各種代謝や免疫の抑制などの役割があり、それらが総合的に「夜間の胃痛」に関わっているのだと思います。

主にそれらが複合的に作用する事によって、胃壁の血流を阻害することによって、胃壁に出来ている軽度な炎症や血流障害が夜間に悪化することにより「痛み」が発生すると考える事が出来ます。


よって、このような場合には胃壁の血流を促進させ、炎症を抑制する効果のあるものをお勧めする事が多いです。

○血流促進効果のあるものとして
☆田七人参 ☆シンサージ ☆冠脈通塞丸 ☆晶三仙 ☆半夏瀉心湯 ☆桃核承気湯 ☆茵陳高湯 ☆開気丸 ☆逍遥散など

○炎症抑制効果のあるものとして
☆田七人参 ☆各地黄丸製剤 ☆ケイギョク膏 ☆プラセンタ製剤

などをお勧めする事が多いです。
 

服用をお勧めした皆さん比較的早く「胃痛」を軽減されています。


原因不明の夜間の胃の痛みも、漢方の知恵を借りると、その原因が分かってくる事があります。
夜間の胃の痛みも体からのサインです。そのサインを見逃さずに早め早めに治療して、早く元気いっぱい良好な睡眠に戻って下さいね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ