FC2ブログ
こんにちは^^朝からさわやかな天気となっているここ鹿嶋地方です。カラッと晴れた日って本当に気持ちいいですよね!


さて、「病院の食事で血圧が落ちた」ということですが、以前も同じような内容の記事を書きましたが、事故などで病院に一か月ほど入院したところ、退院する頃には持病の高血圧が治っていたという方がいらっしゃいました。

本人様は「なんでだろう!?」と、とても不思議そうにされていました。
「久しぶりにゆっくり休んだからかな?」といわれていましたが、それももちろんあると思うのですが、血圧が下がった一番の理由は「食事」によるものだと思います。

病院の食事というと「まずい!」ということをよく聞きます。私自身も見舞いに行った時に病院の食事を食べたことがあるのですが、ハッキリ言って美味しくはなかったのを思い出します。

人間の舌というのは、ハッキリした味や脂っこいものを食べた時に「美味しい」と感じるようで、これらハッキリした濃い味や脂分が少なめの食事をとると「美味しい」と感じなくなるのです。病院の食事というのは塩分や糖分が少なめで、脂分も控えめなもので構成されています。それ故、皆「美味しい」と感じないのです。

そして、この美味しいと感じる塩分や糖分、脂分が血圧上昇の原因となっているのです。

理由としては、塩分過剰は体に過剰な水分を停留させ、糖分過剰は体内のミネラル、ビタミン、ホルモンバランスを崩すと共に脂肪の生成を高めます。脂分過多は腸内環境を悪化させたり、肝臓や腎臓の仕事を増やしたり、動脈硬化の原因になったりします。以上が非常に簡単ですが、血圧上昇の原因になります。これ以外にも、体にとって「過剰」と判断されるものが入ってくると、体はそれを「ストレス」として認識します。ストレスが蓄積されると体は緊張しやすくなり血管を圧迫しますので血圧が上昇します。



たかが食事されど食事です。
現在の成人病は食事によって作られているといっても過言ではありません。逆に言うと、食事によって病気を治す事も可能だということです。もちろん病気を発症してからではなく、体から出ている小さなサインを見逃さずに食生活及び生活習慣全般を見直すことで、未然に病気になるのを防ぐことが出来ます。

誘惑の多い世の中なので、毎日薄味の味も素っ気もないものばかり食べるのは、相当の意思が必要になるとは思いますが、菓子類やジュース類を飲食するのをやめるなど、自分の出来ることから始めてみては如何でしょうか。


体が元気いっぱいの時というのは「自分は何食べてても大丈夫」と皆思ってるんですよね。
自分もその一人でした(笑)





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ