FC2ブログ
こんにちは^^朝から冬らしい冷たい風が吹いているここ鹿嶋地方です。
早いものでもう明日から師走です。今年は夏が長かったせいか、夏が過ぎたと思ったら、あっという間に年末になってしまったという感じがします。一年のラストスパート、がんばっていきましょう!


さて「亭主元気で留守がいい」ということですが、この言葉昔からよく聞く言葉ですよね!?子供のころはこの言葉の意味がよく分からなかったのですが、この仕事をしていると、つくづく「この言葉は的を得た言葉だな~」と感心します。

なぜ感心するのかといいますと、当店の漢方相談にて、あまりにも旦那さんが原因となり奥様がうつ病などの精神疾患にかかられている方が多いからです。

30代の若い方から70代のおばあちゃんまで、幅広く精神状態の悪化で漢方相談をお受けするのですが、その原因となっている大半がストレスによるものです。そしてそのストレスの原因の大半を占めているのが旦那さんによるものなのです。

●性格の不一致
●暴力
●浮気
●ギャンブル
●過度の亭主関白
●定年になって毎日家にいる
●アルコールによる機嫌の変化
など、その人によってストレスを感じる原因は様々ですが、些細なことでも毎日一緒にいると次第に小さなことが雪だるまのように大きくなり、やがて精神疾患の原因になっていくのです。

もちろん世の中すべての旦那さんが悪いというわけではなく、ほとんどのご夫婦は何のストレスも感じないで過ごされているのですが、ごく一部の夫婦間に上に書いたような不仲が起こり、それが精神疾患の原因になっているようです。

以上のようなストレスを抱え、当店の漢方相談にお越しになられ解決の糸口を探していくのですが、いくら漢方薬にて体を整えていっても、過剰なストレスがある限り、永遠に問題は解決しません。薬を出すのと同時に旦那さんとの関係を修復しなければならないのですが、それが一番難しい作業になります。

一番多いのが、旦那さんにそのことを伝えても、
「何だそんなことくらいで」
「俺が原因じゃないに決まってる」
「そんな症状すぐに治るだろ」
などと旦那さんが事を真剣に捉えないという事です。そのことから余計に夫婦間に軋轢が生じ、更にひどくなるケースを目の当たりにすることがよくあります。


改善法としては、自分と相手双方が変わる必要があり、場合によってはお互いの距離をあけるという方法があります。
第一として、相手が変わらないのなら、自分の考え方を変えてみたり、又は自分自身を変えることによって向こうが変わってくれるのを待つという方法があります。これは最後の手段となりますが、少し距離をあけてお互い干渉せず、ストレスを無くす事によって精神状態の改善を待つといった方法などが考えられます。


漢方薬では、帰脾湯、逍遥散、加味逍遥散、柴胡桂枝乾姜湯、プラセンタ製剤、地黄丸類、抑肝散加陳皮半夏、各種血流改善薬、シンサージなどをお勧めすることが多いです。


『亭主元気で留守がいい』
深い言葉です。


※2011年カレンダー配布始めました。
申し訳ありませんが、無くなり次第終了となりますので、お早めにご来店くださいませ。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ