FC2ブログ
こんにちは^^今日も小春日和のような暖かい一日となっているここ鹿嶋地方です。今年の冬は寒くなるといった予報が出ていましたが、ふたを開けてみるとここ最近は冬とは思えないくらい暖かい日が続いています。少し日本の四季が変わってきている気がしますね。。


さて、「胃腸風邪が流行っています」ということですが、ここへきて毎年恒例!?となっている胃腸風邪がここ鹿嶋で流行ってきています。うちの子供も保育園へ行っているのですが、もう2度も胃腸風邪をもらってきています。

そして、家族の中に胃腸風邪をひいている人がいると、もれなく家族全員にうつってしまうというのが胃腸風邪の特徴です。我が家でも例外ではなく、普段から漢方薬を服用している自分を除いては、ほぼ全員胃腸風邪の餌食になってしまっています。


この胃腸風邪、西洋医学ではウイルス性胃腸炎とされています。
治療法としては、直接原因となっているウイルスを叩くといった方法ではなく、吐き気止めのナウゼリンに乳酸菌製剤といった薬が主となっています。ナウゼリンは胃腸の働きをよくすることによって吐き気を抑制し、乳酸菌製剤は腸内善玉菌を増やすことによって腸の働きを高めるために処方されます。これらは、胃腸の働きは良くしますが、ウイルスの抑制は自己免疫に100%依存している治療法です。なので、自己免疫があまり強くないような場合は、治癒に時間を要する事も少なくありません。

これに対し漢方治療は、ナウゼリン、乳酸菌製剤同様胃腸の働きを良くさせる効果を持ち合わせていて、更に胃腸の水分吸収を高める作用や抗ウイルス作用も持ち合わせています。

どちらの治療法が優れているかは分かりませんが、自分でしたら漢方薬を服用します。
理由は、毎年の事ですが、家族が胃腸風邪にかかっていても、普段より漢方の胃腸薬を服用している自分だけ胃腸風邪にかからないという事を実感しているからです。また、少しおかしいかな?と思っても、「柴胡桂枝湯」や「五苓散」などの漢方薬を服用すると、30分ほどで不快症状が軽減してすぐに治ってしまうということを経験しているということも漢方を選ぶ理由となっています。


この間、抗生物質の功績というブログを書きましたが、全ての疾患に西洋医学又は東洋医学ではなく、ケースバイケースで症状、その方の体質によって使い分ける事が、症状改善に対して有効なのではないでしょうか。




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ