FC2ブログ
こんにちは^^今日は朝から寒かったですね~! これで平年並みだと思うのですが、今まで暖かかったので、寒さが身にしみますね。今朝車に乗った時に、外気温計をみたところ4℃となっていました。本格的に冬突入です。体を冷やして風邪などを引かないように気をつけたいですね。


さて「卵は最高の健康食品」ということですが、みなさん毎日食べているものと言えば何ですか?もちろん白米とお味噌汁は欠かさず食べてはいますが、おかずとして毎日食べているものと言えばこれしかないですよね!? 自分の場合は迷わず「卵」と答えますが、皆さまは如何でしょうか!?

自分の場合は好きというのもありますが、知らず知らずのうちに健康にいい食材を求めているのですね~。

さてこの卵ですが、健康にいいとされる理由について書いていきたいと思います。

卵に含まれていて体に良いとされるものを説明します。

●レシチン
体の中に取り込まれるとアセチルコリンという物質に変化します。アセチルコリンは脳内神経伝達物質の一種で、副交感神経に作用し、血流を促進させたり、体をリラックスさせたりする効果があります。健忘症予防、記憶力改善、学習能力アップに効果があるといわれています。

●メチオニン
肝臓での解毒能力を高めます。アルコールやたばこ、加工食品、ジャンクフード、薬などに含まれる体にとって不要なものを体外へ排出する能力を高めます。

●シアル酸
体にとって異物であるウイルスやガン細胞を、異物であると判断するのに必要な物質です。がんの転移も予防します。

●アラキドン酸
不飽和脂肪酸の一種で、人体では脳に多く存在して、脳細胞間のシグナル伝達のメッセンジャーとして働きます。脳内伝達物質が滞りなく働くために必須な物質です。精神不安定、コミュニケーションが不得意な児童に対して有効とのデータもあります。

●リゾチーム
細菌を分解する酵素です。風邪の予防、免疫力の低下があるような時に有効です。医薬品としても利用されています。

●オボムチン
腸内善玉菌である乳酸菌を増やしてくれるという効果を持ちます。免疫力アップに有効です。


以上が卵が健康に有効であると考えられる理由となります。
しかし、これはあくまでも健康な人、胃腸が強い人が、一日2個程度、栄養のバランスを考えながら摂取した場合のみ適応となります。

いいからと言って一日に5個も6個も食べてみたり、栄養のバランスが悪かったり、胃腸虚弱、肝機能障害などがあると、栄養豊富な卵も、その健康効果を発揮してくれません。

一番大切なのは
「栄養のバランスを考えて食べること」
「よく噛んで食べること」
「内臓の弱りがある場合は、漢方などで強化すること」
です。


是非卵を健康維持、元気維持に役立てて、いつまでも元気いっぱいでいて下さいね!


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ