FC2ブログ
こんにちは^^朝から冷たい雨となっているここ鹿嶋地方です。雨に加え風も強くなってきていますので、体を冷やして風邪など引かないよう気をつけて下さいね。


さて、「アスピリン長期服用でガンの死亡率低下!」ということですが、つい先日「gigajine.net 12月8日」を見ていた時に、英国の研究者が低用量のアスピリンを約20年間長期服用した時の、体にどのような変化が現れるかについて研究した結果が載っていました。

大変興味深い事が載っていたのでそれをご紹介します。

従来より、アスピリンの長期服用は心臓病、脳卒中などに効果があるという事は知られていましたが、今回はガンについての効果が明らかになったようです。

その研究によると、低用量のアスピリンの長期服用により、ガンによる死亡率が約3分の1まで下がると発表されています。中でも胃がんの死亡率は群を抜いていて、約54%死亡率が下がるとの研究データが出ているようです。いずれの場合もその恩恵を受けられるのが、10~15年と長期に渡って服用した場合に効果があらわれるとのことです。

アスピリンといえば、胃への影響が懸念され、副作用として胃出血などが引き起こされる等をよく耳にしますが、それら副作用を加味しても、脳や心臓の病、ガンなどに対しての良いとされる作用を考えると、体にとって良いとされる作用が有り余るのではないでしょうか。

しかし胃出血などのリスクは大きいものであり、場合によっては命に関わることがあるため、服用には必ず専門家の指導のもととする必要があります。



アスピリンがなぜ脳や心臓の疾患やガンに効果があるのかといいますと、アスピリンの持つ消炎、血栓予防、血流促進効果などが影響しているだと思います。何らかの原因で引き起こされた炎症を速やかに改善し、血の流れを滞りなく末端まで行き届かせることによって、内臓(特に腎臓)の働きをよくされることが出来るので、各種疾患に対して有効なのでしょう。

アスピリンもいいですが、漢方薬各種にも同じような作用があるものが多数存在します。昨今、各種漢方薬の長期服用による臨床データも出てきていて、漢方薬の血流改善効果による病状の変化なども報告されています。又、胃出血などの重大なリスクがないのも漢方薬の特徴です。自分も冠元顆粒(血流改善)+少量の田七人参(消炎)を毎日服用していて快調です。

薬以外にも
○ストレス
○食生活の悪化(バランスが悪い・ジャンクフード・加工食品など)
○食べすぎ、甘い物や肉類の摂りすぎ
○運動不足又は運動のしすぎ
○体を冷やす
○体に合っていない薬や健康食品など
○アルコール・たばこ
○睡眠不足
も血流を悪化される原因になります。是非健康的な生活を送り、いつまでも血の流れをイキイキとされて下さいね。



血流改善によってこのような素晴らしいデータが出るのは嬉しいですね!
これからも自信を持って血の流れイキイキを促進して行こうと思います。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ