FC2ブログ
こんにちは^^今日は空気が生暖かい感じがするここ鹿嶋地方です。今日は夕方から雨が降る予報が出ています。外出の際は雨に濡れないように傘などをもっていって下さいね。


さて、「アルコールで赤くなる人」という事ですが、今は忘年会シーズンまっただ中ですね!お越しになるお客さまと話していると、皆さま「今から忘年会なんだ」「昨日忘年会で飲みすぎて・・・」などという話が尽きません。

その忘年会で飲むものといえば「お酒」ですよね。そのお酒について書いていきたいと思います。

よく昔から「酒は百薬の長」なんて言葉がある通り、お酒は薬としても用いられてきたというのは有名な話ですが、それは適切な量で、その方の体に合っているという大前提があって初めて適応される事なのです。これを守らないと、薬は間違えれば毒にもなりますので、当然逆に健康を損なう原因になるのです。

では、お酒が体に合っているかどうかというのはどうやって見分ければいいのでしょうか!?

一般的に言われているのが、タイトルにもある「アルコールで赤くなる人」というのは合っていないといわれています。これは、アルコールが体内に入り分解排泄される際に「アセトアルデヒド」という中間代謝物が生成されます。
このアセトアルデヒドは人体にとっては有害物質で、建築材から放出されるアセトアルデヒドはシックハウス症候群の原因として問題視されています。アルコールにて皮膚が赤くなる人というのは、このアセトアルデヒドの分解能力が弱く、いつまでも代謝されない有害物質が体内を漂うということになり、これが悪酔いや二日酔いの原因になり、各種ガン(食道、膵臓、大腸)の発生が高くなるといわれています。更に内臓へのダメージも考えられ、胃腸の不具合や肝臓、腎臓の働きにも影響を与えます。


以上のように、赤くなる人というのはアルコールによって生成された「毒」が分解されないで体内を漂うことによって、体の細胞が酸化されることにより、様々な疾患や不快症状の原因になるので、お酒が体に合っていないということがいえるのです。

このような方が
「体が温まるから」
「お酒に強くなりたいから」
「嫌なことを忘れられるから」
「気分が良くなるから」
「よく眠れるから」
「良く分からないけど飲みたいから」
という理由で習慣的に飲酒を続けると、いずれ間違いなくガンなどの重大な疾患の原因となります。


アルコールは薬の一種です。
薬は間違えて服用すると毒になります。

体は一生使い続ける大切なものです。
体に良いもの駄目なもの。しっかり判断して健康に役立てて下さいね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ