FC2ブログ
こんにちは^^朝は雨が降っていたものの、夕方になり青空が見えるようになってきました。季節の変わり目は天候や気温が変動しやすいので体調管理には十分注意して下さいね。


さて、肩こりの漢方治療という事ですが、日本人が抱えている体の悩みで一番多いといっても過言ではないのがこの肩こりです。昔より老若男女全ての人が抱える悩みであり、更に最近はパソコンやゲーム、携帯電話などが普及しているというのもあり、輪をかけて肩こりに悩む方が増えているようです。

肩こりは病気ではない為に軽く見られがちですが、ひどくなると日常生活にも支障が出る場合もあり、更に仕事や勉強などの効率にも影響を及ぼしますので、軽いうちに治しておいた方がいいでしょう。



まず凝りの原因となっているのが筋肉の緊張です。ある一部分の筋肉を酷使すると、筋肉が凝り固まり場合によっては炎症が起きたりして凝りの原因となります。漢方でいう「おけつ」という状態であり、その部分で血が滞っているが故に凝りが引き起こされると考えます。又、局所的な見方だけではなく、体全体の状態が局所的な不快感を生みだす原因にもなるので、体全体のバランスを見て行く事も重要となります。

20代の方と60代の方では、同じ作業をしていても方の凝り方、治り方が違うように、全身的なバランスを整え体全体の治癒力を向上させる事も、治療していく上で重要な事です。


まず肩こりの改善として有効なのが、「血流改善」「炎症の抑制」をいう方法を用います。
凝りがある部分の血流を促進させ、酷使して軽い炎症を起こしている部分の再生能力を引き上げるという治療法を用います。

漢方薬でいいますと
冠元顆粒、冠脈通塞丸、桂枝茯苓丸、田七人参、シンサージなどで血流促進させ
杞菊地黄丸、麦味地黄丸、天王補心丹、ケイギョク膏、婦宝当帰膠などで体を潤します。
又胃腸が弱っているが故に栄養の吸収が悪い場合は各種胃腸薬
過剰なストレスにより血管が収縮している場合は各種ストレス緩和作用のある漢方薬などを主として用います。


日常生活としては、ストレスから遠ざかりゆったりと規則正しい生活習慣を送る事を心がけます。
のびのびと軽い運動をする時間を持ち、毎日時間に余裕ができるような生活習慣を持つ事が大切です。
更に
●深酒はしない
●タバコはやめる
●寝すぎない、寝不足はしない
●風呂は熱すぎないように
●食事はバランス良く腹八分目で
●寝る2時間前からは何も食べない
●カフェインは飲みすぎない
●香辛料やニンニク類は食べすぎない
●同じ姿勢を取り続けない(30分に一度は休憩してストレッチ)
●マッサージ仕合いリラックス
などを心がけるようにします。



特に肩が凝る作業をしていないにも関わらず肩が異常に凝る方は、体のバランスが崩れている可能性があります。是非積極的にアクションを起こし、バランスを整えて下さいね。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ