FC2ブログ
こんにちは^^相変わらず暑い日が続いているここ鹿嶋地方です。
昨日夜ですが、笠間までホタルを見に行ってきました。生まれて初めてみたホタルでしたが、沢山のホタルが飛んでいるのを見ていると、まるで夢の中にいるような幻想的な気分になりました。


さて、「出産後の湿疹について」という事ですが、よく出産後に湿疹に悩まされるという方がいらっしゃいます。その原因について書いていきたいと思います。

原因として自分が多いと思うのが、先週の金曜日のブログと同じになりますが、副腎の機能低下が考えられます。

副腎という臓器はよく知られている「ステロイドホルモン」を分泌しています。ステロイドホルモンの体内における役割の一つとして「炎症の抑制」があります。人間の体は日々様々な要因により炎症反応が引き起こされていますが、副腎より分泌されるステロイドホルモン等によってその炎症が回復されることにより、過度な炎症が引き起こされないのです。

このステロイドホルモンがしっかり分泌されていれば何ら問題ないのですが、何らかの要因によりこの分泌が滞ると炎症を抑制する事が出来にくくなるので皮膚炎が引き起こされてしまうのです。

この何らかの要因の一つとして「出産」があるのです。


妊娠出産時というのは、エストロゲン、プロゲステロン、プロラクチン、成長ホルモン、糖質コルチコイド、甲状腺ホルモン、インスリン、オキシトシンなどの分泌が盛んになります。それらホルモンは脳の指令の元分泌されるのですが、ホルモンという材料の有る無しに関わらず刺激を送り続けます。ホルモンを作る材料がふんだんにあれば問題ありませんが、加齢や虚弱体質などによって材料が十分作られない状態だと副腎が疲れきってしまうのです。

出産後は脳からのホルモンの刺激が少なくなる事や、副腎の疲労困憊が原因となり、各種ホルモンの生成分泌能力が大幅に低下します。そうなるとその中の一つである「炎症を抑制するホルモン」の分泌も弱まりますので、皮膚炎が引き起こされてしまうのです。


改善法としては
☆ストレスから遠ざかる
☆体をしっかり休める
☆規則正しい生活習慣を
☆食事は日本食中心でバランス良く
☆場合によってはステロイドホルモン外用剤の使用を
☆各種漢方薬で体の中から改善を
などが考えられます。


出産後は今回書いた副腎は勿論の事、体の様々な部分にその影響が及びます。
「よく出産後一か月は外出しないように」といわれていますが、これは大げさな事ではなく、体を守る為には当たり前といえる事なのです。


妊娠出産される方、そのご家族の方、くれぐれも体を大切にして養生して下さいね。




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ