FC2ブログ
こんにちは^^朝から台風の影響か風が強くなっているここ鹿嶋地方です。天気予報によると、関東地方を直撃しそうな感じですよね。うまくそれてくれる事を祈ります。


さて、「ガン予防にブロッコリー脚光」という事ですが、今回は今朝の新聞に掲載されていた記事をご紹介していきたいと思います。

その記事を抜粋します

『ブロッコリーの新芽が健康・医療面から注目を集めている。肝臓の解毒力を高め、ガン予防効果があり、抗酸化作用、ピロリ菌の除菌効果も報告されているという。

その本体は「スルフォラファン」というピリ辛成分。カリフラワー、キャベツ、菜の花など、同じアブラナ科の野菜にも含まれている。野菜の細胞には前駆物質の状態で存在し、咀嚼で加水分解酵素と反応してスルフォラファンに変わる。成熟ブロッコリーに比べ新芽の方が含有量が圧倒的に多い。

肝臓の代謝力を高める作用についてみると、肝臓には大気中の化学物質や食品の焦げ成分などの有害物質を無毒化する役割がある。ところがその機能は、脂っこいもののとりすぎやアルコール、ストレス、加齢などが原因で低下しがちだ。

アメリカではジョンズホプキンス大のポールタラレー博士らによって、ブロッコリーなどに含まれるスルフォラファンに解毒酵素を活性化させる働きがある事を、1990年代の研究で発見した。その発表を機に発芽ブロッコリーが大人気となった。

ブロッコリーはイタリア原産。ビタミンB2やビタミンCを多く含む。日本には明治時代に入ってきたが、広く家庭で食べられるようになったのは1980年代からだ。』




以上が新聞よりの抜粋になります。


ブロッコリーは以前よりビタミンB2やビタミンCを多く含む事から、各所の炎症を抑える食品として認識しお客様にもご紹介してきましたが、肝臓の解毒酵素を活性化させるというのは知りませんでした。手軽な食品で体の中にとりこまれた悪いものが分解されやすくなるというのは嬉しい知らせですね。

その他重金属や活性酸素の除去としてメタロチオネインというタンパクがあります。このタンパクは亜鉛の誘導によって効果を発揮します。亜鉛は牡蠣、牛肉、納豆などに含まれています。

更に各種漢方薬、ビタミン類、ミネラル類も解毒に有効なものが多いです。


解毒に有効なものを上手に取り入れ、いつまでも元気いっぱいで生活していきたいですね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ