FC2ブログ
こんにちは^^朝からよく晴れて気持ちのいい日となっているここ鹿嶋地方です。気温は高いものの、湿度が低く、空を見上げると入道雲は消え、秋特有のいわし雲が多くみられるようになってきました。


さて、「緊張した時の尿意」という事ですが、皆さん経験あると思いますが緊張すると尿がしたくなりますよね!?特に子供の頃などは膀胱が未熟な為、ちょっと緊張感を覚えるとおしっこがしたくなる傾向にあります。

そのメカニズムですが、原因の一つとして「心臓」が関与しています。
心臓は4つの部屋に分かれており、全身の血液が心臓に戻ってきた時に最初に入るのが右心房という部屋です。この右心房には血流を感知する能力があり、血流量が増え右心房壁に一定以上の圧力がかかるとホルモンを分泌します。そのホルモンが腎臓に指令を出し血中水分量を減らす事により、右心房壁の圧力を減らし調整しているのです。

この右心房刺激ですが、全身の血流量が多いと判断された時以外にも、緊張などで体表部の血管が狭くなり心臓への血流量が増えた時、風呂などで外からの圧力が加わった時、アルコールなどで脳が興奮気味の時、興奮状態の時、ストレスを感じている時などで心臓の負担が増えた時にもホルモンが分泌され尿意が高まるのです。

当然一過性の緊張などで心臓への刺激が増え尿意が増している時は問題ありませんが、持続的な緊張がありそれがひん尿へとつながっている場合、必要な水分まで排出してしまう為、体全体は脱水状態となり、心臓、腎臓に負担がかかります。

当然この状態が続けば、心臓、腎臓の慢性的な病へと発展する可能性が高くなります。

改善法としては原因となるものの排除です。過剰なストレス、緊張はなるべく改善したほうがいいでしょう。漢方薬では体液の過剰な排出を防ぐという方法があります。脳の興奮性を解消して、体液保持に有効なものを主としてお勧めします。



仕事や家庭でのストレス、常に緊張感を伴う仕事、環境があり、ひん尿の症状がある方、心臓、腎臓が悲鳴を上げている証拠です。是非症状が軽いうちにアクションを起こし慢性病予防に努めて下さいませ。






プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ