FC2ブログ
こんにちは^^相変わらずスッキリしない天気ですが、過ごしやすい一日となりそうなここ鹿嶋地方です。急に気温が下がったので体調をしっかり管理する必要がありそうですが、慣れるとこれほど過ごしやすい季節はありません。


さて「アルカリ食品は体に良いか!?」という事ですが、食品から摂取するアルカリ性食品については、医学界でも意見が分かれていて、その影響の是非については今後も研究を深めているところというのが実際のようです。

自分の意見としては、食事のバランスを保つ事が出来れば「体に良い」と断言できると思います。というのは実際体が酸性に傾くという事は、肝臓や腎臓の働きが鈍っている事を示します。これは体の老廃物を代謝排泄する肝臓や腎臓が弱っていると、体に老廃物が増え、それが体を酸性に傾ける事に直接つながるからです。

酸性を中和させる事だけを考えると(実際体内では中和として骨からアルカリ性物質を補てんするので食べ物とはあまり関係ないとされているが、それは中和する時だけの考え方であって、体自体の酸性度を和らげる事は非常に重要である。)アルカリ性食品だけを摂り続けていると良いように思われますが、体の恒常性を保つのにはアルカリ食品だけでは不十分です。酸性食品である肉や魚、炭水化物もしっかりとらないと先ほど老廃物を排出する臓器として挙げた腎臓や肝臓の働きも弱ってしまいます。

大切なのはきちんとバランスを取りながら、アルカリ性食品をしっかり多めに摂るという事です。

体が酸性に傾く原因として、ストレス、動物性たんぱく質の多い食事、疲労、アルコール、たばこ、貧血、野菜不足、甘い物の摂りすぎ、糖尿病などの各種慢性病などが考えられます。これら原因により肝臓、腎臓に負担がかかると、体に老廃物が増える事により酸性度が増していきます。当然酸性になる原因はあっても、体は恒常性によってphは一定に保たれていますが、その陰で腎臓や各種ホルモンが一生懸命働いています。当然この働きにも限界がありますので、それが体の疲労、だるさ、骨粗鬆症、腎臓結石、血管の硬化、内分泌系の疲労、内臓疲労、脳の疲労、シミ肌荒れ、食欲不振、歯の弱り、免疫力低下など様々な悪影響を引き起こします。


改善法としては、食生活をきちんとしたバランスの良いものとして、上に書いた原因となるものを排除し、アルカリ性食品を多めにとる事です(アルカリ食品とはそれ自体のphではなく、食品に含まれるミネラルのphで判断します)。更に各種漢方薬もアルカリ性ミネラルを含むものが多く、更にその方の不快症状の緩和にも有効です。又、民間療法としてなたまめ茶が有名で、体の老廃物を排泄する機能を助けてくれます。自分もよく飲んでいるのですが、確かに尿の酸性度が和らいでいます。しかし注意してほしいのは、アルカリ飲料は飲みすぎると胃を荒らすので、少しずつ自分にあった量で調整する事を必要とします。




体の酸性度を緩和して血液サラサラでいつまでも元気いっぱいでありたいですね。



アルカリ性食品
○野菜(ほうれん草、ゴボウ、サツマイモ、ニンジン、里芋等)
○果物(メロン等)
○海藻(ひじき、ワカメ、昆布等)
○キノコ、干し椎茸
○大豆

酸性食品
○肉類(豚肉、牛肉、鶏肉等)
○魚類
○卵
○砂糖
○穀類(米、酢等)
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ