FC2ブログ
こんにちは^^連日冷たい雨の日が続いていますね、体調を崩されている方が非常に多いです。しっかり養生して風邪などに注意してくださいね。

という事で昨日も書きましたが、シーズンがやってきましたので「風邪」について簡単に書いていこうと思います。



まず最初に風邪の引き初めですが、大きく分けて2つの症状に別れます。


一つ目は寒気がして節々が痛くなり食欲不振、動きたくないなどの症状が続く場合です。
このタイプは冷え冷えタイプです。体の熱容量が小さいタイプの方が多く体表部の血管が収縮した状態が長く続くのが特長です。

治療は、体を暖め血管を拡張させることにより、体の不快症状を取り去り免疫力を上げる事を目標とします。
○葛根湯(肩こり、節々の痛み、冷えが激しい時)
○麻黄湯(節々の痛み、咳、悪寒がする時)
○桂枝湯(体力が無い人の冷え、頭痛、鼻水、関節痛)
○小青龍湯(冷えに鼻水、くしゃみ、咳がある時)
などが適応になります。服用後は体を暖かくし安静にする事が絶対必要です。



次ぎに2つ目として最初は寒気がして節々が痛いのでが、数時間すると咽が痛くなり体の火照り感を訴える場合です。体の熱量が大きいが為に、その熱がすぐに体表部に達し、その熱の影響で様々な不快症状があらわれます。

治療は、上がりすぎた熱を清熱し、抗ウイルス、殺菌作用のある生薬を用います。
○銀翹散(抗ウイルス、殺菌、清熱作用あり。火照り感、発熱、咽痛時に)
○天津感冒片(抗ウイルス、殺菌、清熱作用あり。火照り感、発熱、咽頭痛に)
○白花蛇舌草(抗菌作用あり。咽頭痛、発熱に)
○板藍根(抗ウイルス作用あり。咽頭痛、発熱に)
○小柴胡湯(体の流通を良くします。上の漢方薬の効き目を上げてくれます)
などが適応になります。服用後は、脱水に注意しこまめに水分を摂取し、安静にし、各所を冷やします。



以上が風邪の引き初めの時の、当店の漢方での対処法となります。(あくまでも一般的な対処法です。)実際の処方選びには、その症状、その方により様々な配合調整を行っているのが現状です。風邪といえど一筋縄にはなかなか行きません。



という事で今月も宜しくおねがします。


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ