FC2ブログ
こんにちは^^この冬一番の寒さとなっているここ鹿嶋地方です。今朝トイレに起きたところ、トイレの温度計がなんと室内なのに2℃でした。冬は用を足すのも命がけですね(笑)


さて、「深呼吸健康法」という事ですが、深呼吸が体にいいというのは昔から知られていますよね。この体にいい深呼吸がなぜ体にいいのか書いていきたいと思います。

この深呼吸についてですが、つい昨日のこと、片仔コウジャパンのセールスが年始の挨拶に来た際に、抗老化三七研究会長の岡田先生が漢方相談に見えたお客様に対して推奨されている健康法を紹介してくれました。その健康法の中に深呼吸について説明されており、改めて深呼吸の重要性に再認識させられましたので、考えをまとめる意味でブログテーマとしました。

深呼吸でまず思い浮かべるのが肺を思いっきり膨らませるという点です。
肺を膨らませる行為が健康に良いとされる理由ですが、まず深呼吸によって肺を膨らませると「プロスタグランディンI2」「プロスタグランディンE」という物質が肺から分泌されます。この物質は収縮した血管を正常に拡張させたり、体全体の緊張を和らげるといった作用があります。これらの作用により体全体に酸素がいきわたるようになる為リラックス効果、細胞のリフレッシュ効果などのいい効果が得られるのです。

更に普段肺は70%くらいしか使われていないのですが、深呼吸を行うと100%肺の機能を使う事が出来ます。なので肺自体の健康を維持するのにも深呼吸は有効なのです。


次に深呼吸を行うと腹腔が動きます。腹部にはご存じのとおり重要な臓器が沢山治まっているのはもちろん、神経叢もたくさん集まっています。普段生活しているだけではこれら内臓や神経叢を刺激することはなかなか難しいのですが、深呼吸を行うと容易に刺激する事が出来ます。この場合は丹田といってへその少し下の位置をへこましたりふくらましたりすることを意識して、出来れば息を吸うと共に両腕を上にあげ、吐くと共に腕を下げるといった動作を行いながら深呼吸すると効果的です。この深呼吸一回につき3回程度、一日3回行うといいでしょう。

もちろん深呼吸など改まって行わなくとも、ラジオ体操や運動、家事をしたり、大声で笑ったり歌ったり話したり、ヨガや柔軟体操などでも同じような効果を得られます。その人に合った方法で内臓や神経叢を刺激して各種働きを高める事が健康維持に繋がります。


注意点として、やりすぎは禁物で、めまい、過呼吸、動悸を伴う場合は酸素過剰となっているサインです。
是非少しずつ自分にあった運動量で気持ちよく行い、健康に役立てて下さいませ。


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ