FC2ブログ
こんにちは^^昨日は大嵐だったものの、今日は朝から久しぶりに太陽が顔を見せているここ鹿嶋地方です。太陽の恵みに感謝です。


さて、「冷湿布で冷やしすぎに注意」という事ですが、冷湿布とは文字通り患部を冷やすための湿布剤です。
この湿布ですが、主に捻挫や打撲、打ち身、筋や関節を捻ったりして炎症を起こしている時に用います。冷やすという効果の他に、痛み止めが配合されているものが多くとても重宝する湿布剤ですが、なかには適さないケースもあります。

適さないケースとは、痛みがあるものの炎症や腫れが無く、風呂などで体を温めたり、動いて体が温まるると患部の痛みが和らぎ気持ちがいいという時です。この場合は患部の炎症や腫れによる痛みではなく、血流が悪化しているが故に痛みが発生している事が多く、冷やすと逆効果になるのです。

特にこの季節に多い患部に腫れや発赤などの異変を伴わない場合の痛みは、冷えによる血流悪化が原因となっている事が多く、冷湿布などで患部を冷やしてしまうと、更に血流悪化に拍車をかけてしまうためよくありません。



冷えによる各所の痛み改善には、動けるならばいつも通り患部を気にしないで動き、入浴やマッサージ、ストレッチなどで患部の血流を促すようにします。患部にはパスタイムなどの貼り薬が効果的で、各種漢方薬にて体を温めたり、血流改善作用のあるものなども効果を発揮します。

もちろん痛みに伴う他の不快症状があったり、痛みが激しかったり患部に違和感を感じている場合には、医療機関にて検査する事をお勧めします。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ