FC2ブログ
こんにちは^^相変わらず素晴らしい寒さとなっているここ鹿嶋地方です。この寒さで、最近夜の散歩時にはフードが欠かせません。体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、今週に入り魔のインフルエンザが大流行しています。ここ鹿嶋ではまだ流行していないようですが、静岡県では、なんと今週だけでインフルエンザと思われる症状で欠席した生徒が2,575人もいるとのことです。いくらなんでも流行りすぎじゃ!?目を疑う数字です。

流行しているのは香港A型という、毎年この時期に流行るスタンダードなインフルエンザウイルスですが、ここまで爆発的に流行しているのはあまり記憶にありません。年末年始の空気の乾燥、気温の低さなどが原因となり流行していると思います。

インフルエンザは飛沫感染でうつります。飛沫感染とは話したり、くしゃみや咳などで感染者の唾液が飛散した際に、その唾液中にウイルスがあり、その飛沫した唾液を吸い込んだり、唾液が付着したドアノブや握手などの接触によって、手を介して口などからウイルスが侵入して感染するというのが主な経路です。

予防法としては、その飛沫したウイルスを体内に入れないというのが基本となります。マスク、手洗い、歯磨き舌磨きはウイルスを入れない、追い出すのに有効な手段です。更に仮にウイルスが体内に侵入したとしても、自己免疫が優秀であれば撃退できます。普段より体を鍛え夜は休息し、きちんとしたバランスのよい食事を行うなどする事が有効です。よく言われているのが、ヨーグルトで腸内免疫を高めたり、緑茶による殺菌効果を高めるという予防法です。しかしいくら自己免疫が優秀であっても、繰り返しウイルスが侵入すると負けてしまいますので、きちんとマスクや手洗いなどで防衛する事を忘れてはいけません。

又、各種漢方薬も予防に有効です。各種補気剤などで体力を高めたり、板らん茶で毎日のどや口を殺菌する事などは予防に繋がります。更に初期であれば天津感冒片や銀ギョウ散などで解毒すると効果的です。


インフルエンザはいかに初期に治療を行うかが、症状を軽く出来るかどうかの分かれ道です。
近親者にインフルエンザにかかった人がいる場合で、発熱などの症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診し検査を受けるようにします。この場合、初期だとインフルエンザウイルスが検査キッドで判定できるほど増殖していないケースもあるので、陰性と判断されても、高熱などの症状が激しい場合は、再度受診して検査する事をお勧めします。

風邪は万病の元という諺がある通り、風邪をこじらせると思わぬ大病を患う原因となります。備えあれば憂いなしできちんとした予防、治療を行い風邪の時期を乗り越えましょう!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ