こんにちは^^朝から晴れていますが、寒さがまた戻ってきたここ鹿嶋地方です。三寒四温という言葉がありますが、まさにその通りの気温の変化となっています。


さて、今朝の新聞に「肝炎進行に歯周病菌関与か」という記事がありましたのでご紹介したいと思います。

以下記事より抜粋

飲酒しない人も発症する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者が歯周病菌を保有する割合は健康な人の約4倍と高く、歯周病の治療で肝機能が大幅に改善する事を、横浜市立大や大阪大などの研究チームが突き止めた。

研究チームによると、歯周病と心臓病や脳卒中との関連性は指摘されているが肝炎は初めて。チーム長の中島淳横浜大教授によると、脂肪肝の人は肝炎に進行させないように、口腔内を衛生的に保つことが大切と話している。

非アルコール性脂肪肝炎NASHは成人男性の3人に1人程度とされる脂肪肝の人のうち、1~2割を占める。進行すると肝硬変や肝臓がんを引き起こし、肥満との関連が指摘されるが、発症メカニズムは解明されていない。研究チームがNASH患者102人の歯周病菌を調べたところ、保有者は52%で健康な人と比べて約3.9倍。又肥満状態のマウスに歯周病菌を投与すると、3か月後に肝臓が平均約1.5倍に肥大化。肝炎が悪化するなどした。
歯周病のNASH患者10人に歯石を除去したり抗生物質で歯茎の炎症を抑えたりして治療した結果、3か月後には肝機能の数値がほぼ正常になった。



以上が記事になります。



歯周病菌ってホントに嫌な奴ですね。
記事にもありましたが、以前より脳や心臓に悪影響を及ぼす事は知られていましたが、肝心要の肝臓にまで影響を及ぼすとはほんとに厄介です。

今回の記事では歯周病が肝臓へ悪い影響を及ぼすといった見方ですが、肝臓疾患が体力を低下させ歯周病を引き起こすという考え方も成り立ちます。肝機能低下は口内の抵抗力を低下させたり、炎症の抑制力が低下したりしますので当然歯周病にもなりやすくなるので、肝臓疾患をお持ちの方は特に口内環境に注意する必要があります。


口内の状態を良好に保つには健康維持に非常に有効だと再認識させられました。
1日2回のしっかりした歯磨きに、咀嚼、食物繊維などを行い口内環境維持に繋げていきたいと思います。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ