FC2ブログ
こんにちは^^朝から雲の多い天気となっているここ鹿嶋地方です。世間ではゴールデンウィーク真っ只中、日本中が素晴らしい休日となる事を祈ります。当店ではカレンダー通り、3日から6日までお休みを頂きます。


さて、「アルコールの精神安定効果」という事ですが、当ブログでは再三再四アルコールの害について書いてきて、アルコールは健康にとってマイナスしかないように捉えられていると思いますが、適量のアルコールは体にとっていいことも多々あります。

その効果の一つとして精神安定効果があげられます。アルコールを飲むと、飲まれる方なら誰しも経験ると思いますが、気分が明るく落ち着いてきます。何となく落ち着かなかったり、その日嫌なことがあり気分が落ち着かなかったりしても、アルコールを飲むと途端に気分が落ち着き、嫌なことを忘れてしまうといった経験が自分にもあります。

これら精神安定効果は現代医学でも実証されています。アルコールを服用すると、精神に影響を及ぼす脳内神経伝達物質に変化が見られます。このうち快楽を感じている時に増えるβエンドルフィン、鎮静作用のあるギャバ、やる気を起こさせるアドレナリンなどの分泌が高まっている事が分かっています。これらの分泌が高まる事によって脳の不安や興奮が収まると同時に、幸福感ややる気などが高まり、脳がとてもいい状態になるのです。

しかしこれは適量のアルコールを摂取した時に限り、過剰に摂取したり、長期に及び摂取したりすると、依存症のようにアルコールが切れた時に不安やイライラの症状が激しくなったり、やる気がなくなったりといった精神症状が悪化します。これはアルコール摂取時に精神安定物質が分泌されることによる神経の依存が影響しています。更にアルコールは刺激物であり体にとっては不要な物質なので、胃腸や肝臓、腎臓に負担をかけてしまいます。これは臓器の強弱によって多少負担に差はありますが、いくら強い人でも長期にわたって摂取し続けると必ず臓器に悪い影響をもたらします。

一番懸念されるのは、アルコールは適量がいいと分かっていても、飲みだすとその精神安定効果の為かついつい量が増えすぎてしまう事です。適量のアルコールは精神安定作用があるので、心の健康に良い影響をもたらしますが、過剰のアルコールは逆に精神を破たんさせ、更に臓器の働きを悪化させ慢性病を作り出します。




薬なども同じですが、何事も「適度」な量を摂取する事が健康に繋がります。自分もアルコールが大好きだった時期があるので分かりますが、なかなか自制するのは難しいですよね・・・


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ