FC2ブログ
Category : 健康
こんばんは^^朝から生暖かいようなちょっと変な気温となっているここ鹿嶋地方です。今日のように日中は暖かいかな?と感じても夜はグッと冷え込む時があるのでその時々で衣服を調整するなど注意するようにしましょう。


さて、「現代なのに栄養失調」ということですが、皆さん栄養状態は大丈夫ですか?現代は食文化が発展すると共に、皆が豊かになり食事に困るということが少なくなったので、栄養失調は無縁だと思われがちですが、「ある栄養素だけが足りない」という新型の栄養失調に陥る人が多くなっているようなので注意が必要です。

現代人が陥りやすい栄養失調としてあるがの
・ビタミンAやB群、C
・カルシウムやマグネシウムなどのミネラル
・タンパク質
など、特定の栄養素が不足しているというケースです。特に上に上げた各種ビタミン、ミネラル、タンパク質が不足しているというケースが多いようです。

逆に
・糖質
・脂質
などは過多傾向にあるということが分かっています。

以上のような栄養の偏りにより何が引き起こされるのでしょうか?主にいわれているのが
・アレルギー疾患
・各種皮膚疾患
・感染症に弱くなる
・貧血
・肥満(対して食べていないのに)
・高血圧
・糖尿病
・精神疾患
・骨粗鬆症
・便秘
などといわれています。

現代はアレルギー疾患及び皮膚疾患が多くなっていますが、それらとの関連性も指摘されています。難治性皮膚疾患の多くはアレルギーと指摘される場合が多いですが、そのアレルギーの原因となっている可能性も否定できません。

これら現代特有の栄養失調を予防するためには
・野菜や果物をしっかり摂取する
・魚や肉、豆類、乳製品などのタンパク質をしっかり食べる
・キノコやイモ類、海藻などを積極的に食べる
以上とは逆に炭水化物や脂質は控えめにします。特に糖質と脂質を大量に含んでいる「加工食品」はなるべく口にしないようにします。

現代は便利になったものの、その便利さと自らの忙しさを埋めてくれる「加工食品」「惣菜」「弁当」などで食事をするという方が増えています。それらすべてが悪いとはいいませんが、先ほど申し上げた通り脂質や糖質、添加物を多く含んでおり、ビタミンやミネラルの消費促進、吸収阻害をすると共に、胃腸や腎臓、肝臓の働き低下、腸での栄養素合成、全身の代謝を阻害することも考えられるので「大きなリスク」があるのは間違いありません。

よって、面倒でもなるべく生鮮食品を料理して食べるということを行う必要があります。


食事はすぐに体に快不快をもたらすものではないので、気にする必要なく単に腹を満たせばいいと考えてしまいがちですが、確実にあなたの命に直結しているものなので、「何よりも優先」させていいものをバランスよく食べるということを考える必要があります。特に子供、高齢者は大事なので食事の内容を意識するようにしましょう。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 






IMG_20190225_bfvd013750_958.jpg
こんばんは^^今日は朝から冷たい雨がシトシト降り続いたここ鹿嶋地方です。暖房の効いていない場所に行くと体が芯まで冷えてしまいますね。


さて、「血流を改善するだけで劇的に体の調子は変わる」ということですが、皆さん体の具合は如何ですか?慢性的に体の調子が悪い…アレルギーが…風邪ばかり引いて…頭痛や生理痛が…など体の調子が悪いという方は「血流」が関係しているかもしれませんよ。

血液の流れは最も健康に対して「重要」といっても過言ではありません。

なぜなら、血液が全身の隅々まで流れることにより、栄養が供給され、更に老廃物の回収、活性酸素の除去、免疫の活性などありとあらゆることが血液を介して行われているからです。

若い人の肌が瑞々しく、目が潤んでいて魅力的にみえるのは全身の隅々まで栄養が行きとどいているからです。高齢になると毛細血管の死や細胞の繊維化により末端の細胞に血液や津液が行き届かなくなります。それが「老化」となって表面化するのです。

見た目だけの問題ではなく内臓然り、内分泌系、脳、神経、筋肉、骨など全てが同じです。血液の循環が滞りなく行われていることによって健康が維持されます。

血液の循環を悪くするものとして
・血管壁の硬化
・血管壁にこびりつくアテローム(脂質異常症、脂肪肝)
・ストレスや冷えによる血管の収縮
・肝臓や腎臓機能の低下による血管、血液の老化、汚れ
・栄養不足
・活性酸素
・瘤
・梗塞
・心身の弱り、疲れ
・貧血
・脱水
・各種慢性病
などになります。

血流が悪くなると
・頭痛、頭重
・生理痛(経血に塊)
・下肢痛
・関節痛
・肩こり
・腰痛
・胸の痛み、違和感
・顔面神経痛
・心身がだるい
・イライラしやすい
・いつも不安
・焦り感
・痴呆
・頭がもやもやする
・物忘れ
・のぼせ
・冷えのぼせ
・手足が冷たい
・手足や皮膚の感覚が鈍くなる
・爪の色が悪い
・舌や唇の色が悪い、黒っぽい斑点
・疲れやすい
・下肢がいつもだるい
・肌が乾燥しやすい
・めまい
・目が乾燥する
・不整脈、動悸
・肛門痛
・しみや肌荒れ
・しもやけ
・風邪を引きやすい
・風邪が治りにくい
・打ち身が治りにくい
・打ち身が出来やすい
などの症状が出やすくなります。

今は病院にて頸動脈や心臓の血管の硬化やアテロームの沈着などを調べることもできます。

血流の悪化は脳梗塞や心筋梗塞などの直接の原因になるだけでなく、慢性病及び不快症状の原因にもなりますので、積極的に改善することが望まれます。

特に病院の検査にて動脈硬化や脳梗塞の跡がある、静脈瘤がある、ひどい頭痛持ちなどがある場合には、常に血液の流れに留意して過ごすようにする必要があります。

漢方の世界では
①血液自体の汚れ
②血管が正常に拡張しない
③血管の硬化
④アテロームの沈着
⑤心臓及び全身の筋肉の低下
⑥血液の不足
⑦全身の水分量の不足
以上7つの原因が単独及び複数重なり合って「お血(血流の悪化)」が発生すると考えます。

①に対しては腎機能や肝機能を助けるもの(冠元顆粒など)、食事指導、運動指導
②:ストレスの緩和(逍遥散など)
③:血管内皮細胞の再生(田七人参、プラセンタ)及び食事、運動指導
④:脂質代謝の改善(シーアルパ、田七人参、温胆湯など)食事指導、運動指導、飲酒の節制
⑤:気力を高める(補中益気湯、田七人参、各種地黄丸類など)運動療法指導
⑥:血液を増やす(婦宝当帰膠、当帰芍薬散など)食事指導
⑦津液を増やす(各種地黄丸類など)水分摂取指導
などを行うようにします。

お悩みの方はぜひご相談下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 



DSC_29fdbgdbg02.jpg
こんばんは^^とうとうインフルエンザシーズン突入です。子供はもちろん、大人でも流行していますのでうがい手洗い換気、板藍茶で予防するようにしましょう。


さて、ガイアの夜明け「プラスチック危機」を観て唖然ということですが、昨日ガイアの夜明け観ました?私は大好きで毎週見ています。火曜日はお宝鑑定団→ガイアの夜明け→WBSとテレビ東京ばかり観ています。

そのガイアの夜明けですが、昨日は廃プラスチックの行き場がないという内容でした。レジ袋やペットボトル、菓子の袋など「使い捨て」のものの多くにプラスチックが使われています。

そしてそのプラスチックの引き取り先がないのです。以前は中国が全て引き受けていたのですが、中国が拒否し、以来行き場を失った廃プラが世界中に溢れています。

なぜ拒否したかというと、ペットボトルに残った汚水やゴミ、キャップ、混ざっている汚泥などを処理する際に「環境汚染」が生じるからです。

対策には日本が一部で行っているように、洗浄してキャップやフィルムを外してリサイクルに回すという方法です。これは我々個人の問題であり、一人一人が行うことで中国などに輸出しなくても国内で処理できるようになります。

が、しかし、それでも問題が…。表向きにはリサイクル目的で集められた廃プラゴミのほとんどが燃やされているという現状があるのです。当然、燃やす廃棄物が増えれば温暖化が促進されます。

解決にはきちんろリサイクルされるべき法律を作ること。更にプラスチック製造者及び消費者はそのリサイクルにかかる料金を一部負担することを守らせるということをする必要があります。

また、プラスチック製品を規制するということも必要になります。

これ以外にも、各家庭及び専門業者にて廃プラを洗浄してそれを固形化し、その後に3Dプリンターで必要なものに作り替える、そしてゴミとしては一切外に出さないという方法もありですね。

いずれにしても、このままではダメ!ということです。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_278ggg7.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ