FC2ブログ
こんばんは^^今日は朝から春先のような暖かさとなりました。ズボン下とセーターが脱ぎたくて脱ぎたくてしょうがありませんでした。


さて、「冷え性改善として葛根湯を飲み続けてもいいですか?というご質問」ということですが、本日お越しになったお客様よりご質問頂きました。

結論からいいますと「葛根湯は利用すべきではない」という答えとなります。

葛根湯といえば漢方薬の中で一番有名といってもいいくらい知名度が高いです。
効能としては
「肩こり、筋肉痛、感冒の初期、頭痛、鼻炎、手や肩の痛み」となっています。

よって、例えば冷え性で肩こりも伴うという場合にはずっと飲み続けてもいいような感じがします。

しかし!葛根湯という処方は中~慢性症状の改善として用いられるのではなく、一過性の不快症状改善のために作られた処方なので連用には向かないというのが漢方の世界では常識となっています。

葛根湯にはマオウという中枢神経を刺激することによって体に興奮作用をもたらし、それにより体温上昇や不快症状への許容度を高める、血流改善、免疫活性などの働きを得ることで症状の改善をもたらすという特徴があります。

これによって症状が改善するのですが、中長期に渡り続けてしまうと、神経が高ぶりすぎてしまい動悸や不眠、胃痛、発汗、ふるえ、めまい、血圧上昇などの神経症状が出るという懸念が出てきます。

このような理由により中長期の連用はおすすめできません。

とはいっても、神経活動が著しく低下しており、それにより不快症状が生じている場合には、正常に戻るまで中期的に使うということもある処方なので一概に「ダメ」というものではありません。

しかしその場合には、上記の副作用が生じる恐れがあるということを明確に伝えておく必要があります。


冷え性の原因は色々ありますが、多くの場合
・代謝の低下(気虚、陽虚)
・エネルギーの不足(血虚、腎虚)
・自律神経のアンバランス(肝ウツ、肝陽)
などが原因になります。これら要因を改善することが本治となりますので、その人の体質を考慮しながら体質改善に役立つ漢方薬や生活習慣の指導を行うというのが改善法になります。ちなみに、この改善法の時に葛根湯を用いるということはまずありません。


以上が答えとなります。漢方薬にも副作用があります。そして適切に用いないと効いてくれないばかりか、思わぬ副作用に悩まされることもあるので注意が必要です。なので、服用する時は必ず「専門家の指導の下」とするようにして下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




medicine_kakkontou (1)
こんばんは^^今日は朝から雲が厚くハッキリしない天気になったここ鹿嶋地方です。冬は太陽が出ないだけで何となく寒く感じますね。


さて、「今週末は一気に寒くなるようなので注意しましょう」ということですが、今日と明日は比較的暖かくなるものの、そこから気温が一気に急降下し、週末には真冬の寒さになるようなので注意が必要です。

特に北海道や東北は日中でも氷点下になるところもあるようなので、北の方に行く方は注意して下さいませ。

その他においても、日本海側は日本全国で雪の予報が出ています。今季初の雪というところも多いと思いますので、車などの乗り物で外出する際には注意が必要です。

関東地方においても、最高気温が10℃に満たないという予報が出ていますので、外出するに際には防寒をしっかりしてお出かけして下さいませ。また、大掃除などをする方も多いかと思いますが、しっかり防寒して寒さ対策を行うようにする必要があります。

気温が急降下すると
・心筋梗塞
・脳梗塞
などの命の関わる疾患が増えるといわれていますので、持病のある方や高齢者は十分注意する必要があります。ヒートショックと呼ばれる寒暖差が引き金となり発症することがあるので、家の中の寒暖差をなくすことに配慮する様にして下さいませ。特に入浴時に多くなるので脱衣所に暖房器具を設置して気温差を小さくするような工夫が大事になります。

若くて元気な人でも、急に気温が下がると血流の悪化や心身の緊張、免疫の低下などが生じやすくなりますので、マフラーや帽子、ホッカイロの活用、入浴、温かい寝具、温かい食事など体を温めることを行うようにします。

生姜やシナモン、胡椒、唐辛子、味噌、山椒、羊の肉、鶏肉、鮭、アナゴ、イワシ、カボチャ、ネギ、ニラ、ごぼう、レンコン、人参、タマネギ、山芋、銀杏、栗、クルミなどは体を温める作用があるので積極的に食べるようにしましょう。また、温かい飲み物や食事全般も体を温めてくれるのでおすすめです。

逆に冷たい水やビール、アイス類、生の野菜、果物などは冷やすので口にしないようにします。


ということで今週は気温が乱高下するようなので注意するようにしましょう。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_265v (1)
こんばんは^^やっぱり温暖化のせいでしょうか。もう12月だというのに寒いと感じる日がありませんよね。ちょっと心配になります。


さて、「暗い中でスマホやテレビを観るのはやめましょう」ということですが、皆さん寝る前に部屋を暗くしてスマホやテレビなどを観ていませんか?

部屋を暗くして寝てはみたものの、ちょっと気になることがあってスマホを見てしまう、眠れないのでテレビを観てしまうということがありますよね。

たまにならいいですが、それが慢性化していると目への悪影響が懸念されますので注意が必要です。

何故かというと、暗い中で強い光を見つめていると、目が暗闇と光とを交互に瞳孔を調節するので目が疲れてしまうからです。更に、瞳孔が開いた状態強い光を見るという状況になるので、脳への刺激が強まり、目の神経へのダメージが強くなってしまいます。

なので、なるべくテレビやスマホを見る時は部屋を明るくするようにします。

眠る時は「変化」があるといいといわれています。

明るい環境→暗い環境
ソファー→ベッド
窮屈な衣服→楽な衣服
寒い環境→暖かい環境(逆もあり)

など、寝る時に環境を変化させることによって体が「今から眠るんだ」と認識するので眠りに入りやすくなるといわれています。

この意味からも、寝るまでは明るい部屋で過ごし、寝る時は真っ暗にするというのは効果があるといえます。

ぜひ参考にして下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_2659.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ