こんばんは^^朝から台風のような大雨と強風が吹き荒れているここ鹿嶋地方です。久しぶりの嵐に戸惑った人も多いのではないしょうか。


さて、「睡眠時間は何よりも大事」ということですが、皆さん睡眠時間取れてますか?睡眠というのは心身を休める時間帯であり、活動と表裏一体、睡眠なしにはしっかり活動することはできません。

更に、仕事や勉強のパフォーマンスが落ちるということだけではなく、心身の健康をも蝕むので、慢性病や急性病を引き寄せる原因になったり、うつ病やパニック障害などの心の病を引き起こすことにも成り得ます。

この間、NHKにて「睡眠負債が危ない ~“ちょっと寝不足”が命を縮める~」という番組が放送されていました。この番組への視聴者の反応が、こちら→「NHK『睡眠負債が危ない』特集が波紋 「不安煽るだけの内容」と厳しい声も」この反応を見てちょっと驚きを隠せない反面、いかに自分が恵まれているかを思い知らされました。

世の中には余りの忙しさに睡眠時間さえも確保できない人がいるということに驚きを隠せません。

私は幸せにも自営業なので、夜の7時半に店を終わりにして、その後犬の散歩に45分、帰ってきて入浴を済ませた段階で9時なので、そこから就寝までの12時半まで3時間半は自由時間です。12時半から8時半まで8時間しっかり睡眠を取ることができます。よって、睡眠時間を確保する時間がないという概念がないのです。

睡眠時間は冒頭にも言った通り、健康を維持していく上で必要不可欠なものなので全てに優先して確保すべきものです。もし、仕事によって確保できない状況であるならば、何か方法を考えてでも睡眠時間を確保すべきだと思います。

もし、今現在
・何となく調子が悪い
・仕事の業績が悪い
・頭の回転が悪い
・食事が美味しくない
・精神的にアンバランスだ
・風邪を引きやすい
などを感じているのであれば、まずは睡眠というものを見直してみては如何でしょうか。調子の悪さが軽度であれば1か月7~8時間の良質な睡眠を心掛けることによって改善されるはずです。疲労度が深刻な場合は1年間睡眠をしっかり取りつづけるということを行う必要があります。

※睡眠の質を低下させる睡眠前のアルコール摂取、ゲーム、スマホなどは行わないようにします。


非是一度、睡眠というものの大切さを考えてみて下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






1498040ddd758666.jpg





こんにちは^^朝から気持ち良く晴れて気温も上がり「夏」という一日になったここ鹿嶋地方です。明日は大雨になり気温も急低下するみたいなので体調を崩さないようにして下さいね。


さて、「風邪が地味に流行っているみたいです」ということですが、先ほども触れましたがこのところ晴れた日は気温が上がり夏みたいになりますが、太陽が隠れると途端に気温が下がり平年並みになります。この変化が非常に激しいことにより、体調を崩して風邪を引く方が地味に増えています。

ニュースでは連日手足口病の流行が報道されていますが、ここ鹿嶋でも手足口病やプール熱などの風邪が流行っているようです。これらの風邪は子どもが罹りやすい風邪として有名ですが、大人でも感染者と濃厚接触をしたり、体力や免疫が低下している場合には感染するので注意が必要です。

感染を防ぐポイントは
・うがい手洗いを徹底すること
・体を冷やさないこと
・感染者との接触を避けること
・胃腸の健康を守ること
・睡眠不足を解消すること
などが挙げられます。

特に冒頭にも書きましたが、気温差が激しいのでちょっとでも肌寒いなと思ったら、躊躇せずに上着を羽織るなどして体を冷やさないようにするということが大事になります。特に寝ている時などは冷えやすいので、温かいパジャマ、寝具を心掛けることが望まれます。

また、この時期は梅雨ということで、食べ物が痛みやすいことや気圧が低いこと、体に水分が停滞しやすいことなどにより、胃腸の機能が低下しやすい傾向があります。胃腸の機能が低下してしまうと栄養の吸収及び腸内免疫が低下して、体力及び免疫が低下しやすくなり風邪を引く原因になります。よって、胃腸を労わり、なるべく冷たいモノや消化に悪いものは口にしない、腹八分目を心掛けるなどを守り、胃腸の健康を維持することも大事になります。


風邪を引くと色々と面倒なので、しっかり予防して明日の健康を守って下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






149795322sgs3682.jpg





こんばんは^^昨日に引き続きちょっと肌寒い一日となったここ鹿嶋地方です。日々気温差が激しいので風邪を引かないように注意して下さいね。


さて、「ヘルペスによる顔面神経痛」ということですが、よく見かける口唇ヘルペスが激しい顔面神経痛の原因になることもあります。

皆さんヘルペスの原因って分かりますが?口唇ヘルペスの原因はヘルペスウイルスⅠ型が唇表面にて増殖することによって引き起こされます。このウイルスは誰かから感染することによっても発症しますが、ほとんどの場合、自分の体に潜んでいるヘルペスウイルスが増殖することによって症状が引き起こされています。

普段は体の奥にある神経に潜んでいるのですが、体力や免疫が低下すると増殖して皮膚表面に出てきて症状を引き起こします。ヘルペスには口唇ヘルペスと角膜ヘルペス、性器ヘルペスがありますが、口から性器、性器から角膜など全ての箇所から感染することがあります。

このヘルペスウイルスが顔面の神経にて増殖して炎症を引き起こすと、三叉神経痛にも似た激しい顔面痛を引き起こします。顔面神経痛の中で最も頻度が多いのがこのヘルペスウイルスによる神経痛です。

治療は抗ウイルス剤の服用やリリカなどの神経の疼痛を緩和させる薬を用いることが主となりますが、これは対症療法であり、実際にはウイルスを抑え込むために体力や免疫力を向上させるという方法を用いなければなりません。

そこで効果を発揮するのが漢方薬です。

・田七人参
・レイシ
・冬虫夏草
・補中益気湯
・黄耆建中湯
などを主に用いて体力及び免疫を向上させ

・附子製剤
・桂枝製剤
・柴胡製剤
・黄蓮
・黄ゴン
・サンシシ
・甘草
などの抗炎症成分をその人の体力を見ながら使い分けるようにします。

予防には体力を低下させないような
・各種ジオウ製剤
・心脾顆粒
・補中益気湯
・田七人参
・フホウトウキコウ
などを用いるようにします。


もし、ヘルペスウイルス由来の顔面神経痛を繰り返すという方がいらっしゃれば、一度漢方薬を試してみることをおすすめします。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




1497868221rey314.jpg




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ